やりたいことを見つけたかったら、しないことを決めろ

やりたいこと
見つけたかったら、
しないこと決めろ

 

りたいこととか、好きな仕事とか
何かやりがいのある仕事をね、

見つからない人って多い
のかなって思うんですね。

僕自身もそうだったんですけど、

「何がやりたいのかな」とか
わからなくて

ただお金稼ぎをしたいと思って、

そこから、インターネットビジネスとか
転売とかいろいろやったんですけど、

全然続かなかったんですね。

今でこそ、こうやって情報発信したりだとか
コーチングとかやってるわけですけど、

今はやりたい仕事としてやってるんですが、

これからもやりたい仕事って
どんどん出てくるかもしれない

可能性っていうのは、あるわけです。

で、今やりたい仕事とか
やりがいのある仕事っていうのを

見つけるっていうのは、

仕事っていうのは、

人生の中で大半の時間
を占めるわけですよね。

1日の中でも3分の1から、
長かったら、2分の1とか


働いている人もいる
かもしれないですよね。

だからこそ、
仕事っていうのは、


心の底からやりたいなとか
やりがいが感じられるような

仕事っていうのを選ぶことができれば、
すごい幸せなことなのかなっていうふうに
思うわけですよね。

でも、なかなかね、

何をやったらいいのか
とか
好きな仕事をね、

何を選んだらいいのかって
わからないと思うんですね。

それが、なぜかっていうと、

できることが多すぎるからなんです。

で、どういうことかっていうと、

たとえば、ファミリーレストラン

とか行ってもらったらわかるんですけど、

メニューを見てもらったら、
たくさんのメニューがあると思うんですね。

何十種類、何百種類、
前菜から、メインメニュー、デザートから
たくさんの種類があると思うんですよ。

すぐに決められる人は
メニューを見て

松岡修造さんみたいに、
迷ってるんじゃなくて

一瞬でバッ!と決めるって
聞いたことがあるんですけど、

迷う人は本当
5分とか10分とか

メニューを見て
何にしようかなとか
言って

人の目を見て何か意見を聞いたりとかして
これにしようかな、どうしようかなとかね、

言ってるわけですよね。

でも、逆にね、

ラーメン屋さんとかで

「うちは、このラーメン1本、
この塩ラーメンだけでやってます」

とか言って

他にチャーハンとかとんこつ
ラーメンとか
餃子とかもなくて

この塩ラーメンだけって
いうお店があったら、

迷わないですよね。

これ頼むしかないですよね。

だから、何が言いたいかっていうと、

やらないことっていうのを決める
っていうことなんです。

わかります?

そうすることで、

残ったものをとりあえず
やってみたらいいんですよ。

やってみて違ってたら、また
やり直したらいいんですよ。

1度やってみて違ってたら、
また最初から、選び直すところから

メニューを選ぶところから
やってみればいいんですよ。

最初のメニューを選ぶところの
段階で迷ってるから
何も行動が
できないと思うんですよ。

だから、

1度絞って

これもやらない、これもやらないと決めて
そして、やってみる

で、ダメだったら、違うなと思ったら、

新たに選択肢を増やしていくということ

をやってみてください。

それではこれで終わりです。

ありがとうございました。

竹原貴志

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA