やりたいことが見つからない本当の理由

やりたいことが
見つからない
本当の理由

りたいことが見つからないとか
好きなことがわからなくて困ってる
っていう人が結構多いと思うんですよ。

やりたいことをやれてる人っていうのは、

1つのことに集中して、情熱というか
パッションをもって、楽しくやってるし、
魅力的に見えたりとかしますよね。

カッコイイし、エネルギッシュというか
常に前を見ているような感じがして

異性とかもそういうふうな人に
魅力を感じると思うんですね。

でも、やりたいことがわからない人は

自分の覇気がなくて、何をしても
面白くなさそうで集中力とかなくて、
注意散漫って感じで

目もどよーんとしてるというか
ホント暗い!って感じなんですけど、

やっぱりそうじゃなくて
やりたいこと見つけて

「自分は何がしたいんだろう?」

っていうのを見つけることで

やりがいというか充足感というか
充実してるなとかね

「俺の人生っていいなー」

みたいなことを感じたい
とかあると思うんですね。

そうすることで、最高のパートナー
とも出会えたりとか仲間とかも
一緒にそういうチームというか
築けたら最高だと思います。

だからこそ、やりたいことを
見つけて、経済的に成功とかも
していきたいと思うんですね。

なぜやりたいことや好きなこと
が見つからないのかっていうと

認知科学者である苫米地英人先生
っていう方がいらっしゃるんですけど、

カーネギーメロン大学の博士
でもある方なんですけど、

この方もおっしゃっている
ことが1つあるんですね。

やりたいことが見つからない
っていうのはなぜかっていうと、

「自己中心で自分中心で考えてるからだ」

っていうことをおっしゃっているんですね。

で、本当にそうだなって思うんですけど、

どういうことかっていうと、
自分中心っていうのは、

「私は・僕は・おれが」とか

「おれは何か、これがしたい」
「おれが好きなことは何か」
「私は何がやりたいんだろうか?」

とかそういう感じですよね。

「私は」っていう自己中心で考えて
いるからだってことなんですね。

そうじゃなくて、やりたいことを
見つける近道として新しい概念や
考え方をあなたに伝えるとすれば、
こうやって考えて欲しいんですけど、

「私は何をすることで
他人が喜ぶだろうか?」
「他人が喜ぶには、私は
何をすればいいだろうか?」

とかそういう感じで考えるんですね。

で、何が違うのかっていうと、

『抽象度』っていうもの
が上がってるんですね。

で、抽象度ってなにかっていうと、
ちょっと難しくなるんですけど、

たとえば、
僕は、タケハラっていう1つの個人。
で、抽象度を1つ上げると、男。
もう1つ上げると、人間
また1つ上げると、哺乳類。
また1つ上げると、地球生命体。

「私」っていうのが1番低くて、
次は「私」とあなた
次が「私」と「地域」とか「会社」
また次が、私と日本
私と世界
っていう感じ。

そういうふうに上げていくと、
だんだん広くなっていくというか

抽象度を上げるっていうのは、
広い視点で物事を見れるということです。

そうすることで、

「私、私」ではなく、

「私とあなた」とか

「私と会社」とか

「私と地域」とか

そういうふうな視点で見れますよね。

そうすることで、
「私は何をすることで、
あなたは喜んでくれるかな」とか

「私は、何かすることで
この会社が発展するかな」とか

考えられますよね。

たとえば、

ちょっと難しいこと
かもしれないんですけど、

根気よく聞いて欲しいんですが、

あなたに、パートナーがいて
喜ばせてあげたいなとか思うこと
ってあると思うんですね。

そのとき、プレゼントを買うとか
感謝を伝えるとかそうすることで、

向こうからも

「本当ありがとう」とか
言ってくれますよね。

うれしいですよね?

それがやりがいであったりだとか
やる意味、充実感というものを
もたらしてくれるものなんですね。

つまり、私という自分のこと
だけを考えるんじゃなくて、

周りのこと、周りの人が
喜ぶには何をすればいいのか
ということを考えてもらえれば、

自然と「自分が何をすればいいのか?」
「何をやりたいのか」ということが
見えてくるのではないかと思います。

少しでも参考になれば幸いです。
ありがとうございました。

竹原貴志

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA