ザ・コーチ最高の自分に出会える「目標の達人ノート」 レビュー 谷口貴彦

竹原です、

今日は、ザ・コーチ
〜最高の自分に出会える「目標の達人ノート」
を読みましたので内容を少しシェアします。

どんな人にオススメかというと、、、

目標の設定の仕方がわからない
部下に対して正しい目標の立て方を教えたい
なぜ目標を立てることが重要なのか?

という方にオススメです。

内容は、

主人公(星野)と老人(大蔵)が
コーチングを通してストーリー展開で
話が進んで行く流れになっています。

営業の仕事をする星野が
上司から与えられたノルマに疑問を持つも、
モチベーションの上がらない日々を過ごす。

そんな時大蔵に会うことで
人生の転機が訪れる。

大蔵のコーチングを受けることで星野は、

自分は本当は何をやりたいのか?
なぜ会社の目標設定に疑問を持ってしまうのか?
目標の前にもっと大切なことが何なのか?
どうすれば目標を達成させることができるのか?

に気づくことができました。

それからの彼は
毎日を生き生きと過ごすようになり、

上司からも認められ、

念願であったある目標
を達成させます。

詳しい内容は、
本を読んでいただくことを
オススメしますが、

会社での目標設定の仕方について
少し書いていきます。

会社での目標設定というと、、、

人事考課とかボーナス査定に響くから
仕方なくやっていたり、
いやいややっている人が多いと思います。

「今月までに新規顧客10人達成します!」

とかノルマにしか思えない目標を立たされ

うんざりしている人も結構いますよね。

目標を達成することに
生きがいを感じる人も中にはいますが、
すべての人がそうではないんですね。

「どうしてやらないといけないのか?」

がはっきりしていないと
動けない人もいるわけです。

じゃあどうすればいいのか?
というと、

会社の目標と個人の目標を一致させればいいのです。

たとえば、
「今月新規で100人アポをとること」
が会社での目標だとします。

で、個人の目標が
「3年以内に起業すること」
だとすれば、

100人アポをとることでお客さんから
悩みや現在抱えている問題点を聞いたり、

何を求めているのだろうか?などの

今後起業に必要なスキルである
“リサーチ”の能力が身につきます。

すると、この100人アポは
「全力で取り組まなくちゃ!!」
となるわけです。

わかりますか?

「100人アポをとることは、
3年以内に起業することへの

大きな力になるな。よし、頑張るぞ」

となってモチベーションも上がり、
行動できるようになるのです。

だから会社での目標設定のコツは
会社と個人の目標を一致させることなんです。

今回は、
ザ・コーチのレビューを書いてきました。

ここに書いた以外にも
ためになる内容が盛りだくさんなので、
ぜひ一度読まれることをオススメします。

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

竹原 貴志

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA