ハイパフォーマーのストレスを少なくする方法

 

youtubeで見たい場合はこちらから!!

竹原です、

学校では、
「先生に口答えをするな」
「言うことを聞きなさい」
と教えられ、

大人しく、先生の言うことを聞き
いい子ちゃんを演じていました。

社会に出ても、ルールに従い、
出しゃばることもせず、

上司に対して言いたいことも言わず、
いちゃもんをつけることもなく、

嫌われないようにしてきました。

かといって、
好いてもらえるような態度をとることもなく、
常に指示を待っているような人間でした。

そう、

これこそが『従業員マインドセット』
だったのです。

自分で考えない
常に指示を待っている
上司に反抗しない

たとえば、

『自分で考えない』というのは、
よりよくなるように自分では考えないということです。

誰かがやってくれるだろう。
上司がやってくれるだろう。

という、他人が何かをしてくれると
期待している状態です。

で何もしてくれなければ、

「あの上司は何もやってくれない」
「あいつは何もしていない」

と自分が何かをしようという
気は全くありません。

次に
『常に指示を待っている』というのは、

消極的であり、積極的に
自ら率先して物事を行う気がありません。

指示があってから動くということです。
指示がなければ、動きません。

『上司に反抗しない』というのは、

何か間違いがあるんじゃないかという時であったとしても、
指摘をせず、指示通りに動きます。

でこれらから分かることは、

すべて他人のせいにしているということです。

自分で考えることはなく、
他人がやってくれるだろうと考え、

上司からの指示を待ち、
自ら積極的に動くことはなく、
ミスがあっても、自分の過ちを認めず、

上司に間違いがあっても、
指摘せず、「自分は悪くない」
指示に従っているだけだと考えます。

しかし、
この考えのままでは、

昇進していくこともなく、
一生平社員のままで、
後輩が昇進の道を歩んでいくことになってしまいますし、

従業員から抜け出すことは非常に難しくなってしまいます。

でも、逆に自分の責任だと捉えることができれば、

俺が今の状況や環境を
よりよくするためにできることは何か?と考え
率先して動けるし、

指示を受ける前に、
自ら積極的に行動でき、

上司に間違いがあった時は、
すぐに指摘し、
改善してよくしていくように考えられるようになります。

これは『起業家』マインドセットと言います。

このマインドセットを持てば、
従業員から抜け出して、起業家として
ビジネスを始めることもできるようになります。

だって、起業家は自分の行動で
すべてが決まるからです。

他人が何かをしてくれるのを待つのか
自分が状況や環境を変えるために行動するのか

のどちらかですが、

他人が何かをしてくれることはありません。

他人に期待しているから
ストレスや
不満とかフラストレーションを感じるのです。

他人の行動にフォーカスするのではなく、

自分の行動にフォーカスしていけば、
ストレスは激減します。

自分に何ができるか?と考え、
そして行動していくので、

常に成長することが見込めますし、

失敗したとしても、
自分の行動に責任をもっているので、

それほど大きなストレスを感じることはありません。

だから、
他人に何かをやってほしいと思うなら、

先にこちらから動くということです。
先に与えるということが大事です。

そうすれば、
相手も同じようにやってくれます。

自分が動くということを意識してみてくださいね。

ちゃお!

竹原 貴志

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA