ハイパフォーマーが気をつける言葉と信念の関係

youtubeで見たい場合はこちら!!

竹原です、

今日は、
言葉と信念の関係についてお話ししていきます。

あなたは、なにげなく
こんな言葉を使っていませんか?

「私は負癖があります」
「僕はすぐに諦めてしまうんです」
「何をしても3日も続かないんです」

これらは、すべてマイナスの言葉です。

言葉というものは、
不思議なもので、

自分が発言したことに
合わせていこうとします。

そして、その信念を強化していきます。

たとえば、
自分には諦め癖があると思い込んでいると、
何かを続けていても、

「どうせ続かないし、結果も出ないだろう」

という思いがあります。

なので、結果を得る前に
途中で辞めてしまい、諦めてしまいます。

すると、
「やっぱり僕は諦め癖があるんだ」
と信念を強化してしまうのです。

ほとんどの人は、
行動があって、
その後に私はこういう人なんだと
定義付けします。

が、それは違っていて、
実は、自分に対するイメージが
そういう行動を起こさせるのです。

これを『セルフイメージ』と言います。

僕たちは、想像できないことは
行動ができないんです。

「自分は人見知りだ」
というイメージを持っていると、

人と話をしている自分を
イメージできないですよね?

むしろ、隠れたり、
目を合わさなかったりしている
自分自身をイメージしてしまいます。

すると、実際に
人と会うことが億劫になったり、
話すこともできなくなります。

そして、できなかったときに
「やっぱり人見知りだ」
とイメージが定着していきます。

反対に
「自分は社交的だ」
というイメージを持っていたら、

人と会うことが好きで、
人の話を真剣に聞いていて、
話すことが楽しくしている
自分自身を想像できます。

すると、実際に
人と会っても
目を見て話を聞き、
笑って楽しく話をすることができるんです。

つまり、
あなた自身が描いている自分のイメージに
なるようになっているということです。

だから、
言葉についても、
気をつけないといけないのです。

自分次第で天使にも悪魔にも化けるのです。

言葉を
プラスに使えば、天使にもなるし、
マイナスに使ってしまえば、悪魔になってしまいます。

では、具体的にどうやって
言葉をプラスに使って、セルフイメージを改善することが
できるか?

ステップ1
A4サイズのノートを用意し、
縦の中心に線を書いて、
ノートの左上にプラス
ノートの右上にマイナスと書く

ステップ2
自分が普段使っている言葉をすべて書き出す

朝起きてから、寝るまでに使っている
言葉を全部書き出してください。

プラスだと感じる言葉は、ノートの左側に書く、
マイナスだと感じる言葉は、ノートの右側に書く。

ステップ3
今まで使っていた言葉を
客観的に見て、認識する

ステップ4
その中で自分の最大の障害になっていると
感じるものを選ぶ

ステップ5
使うのをやめる

ステップ6
自分が元気になったり
プラスになるような言葉に
置き換える

僕も以前まで、
「どうせ」とか「最悪や」
という言葉を使っていることが
ありました。

しかし、これらの言葉がもたらしてくれることは
何もなく、むしろ力を奪ってしまうものです。

でも、使う言葉を意識して
変えていくことで、自分のイメージも変わってきました。

しかし、自分のイメージに合わない言葉を使うので、
最初は違和感があると思います。

でも、やり続けることで
変わっていきます。

だから、諦めないで
やっていってください!!

今日も最後までお読み頂きありがとうございました!!

ばいちゃ!

 

竹原 貴志

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA