冷温水シャワー健康法

竹原です、

冷温水シャワー健康法

熱いお湯と冷たい水を交互に浴びるというものです。

メラトニンがでるので、ぐっすり眠れるようになったり、
免疫機能を上げてくれたり、
抗酸化作用もあったり、
IQを上げることもできます。

熱いお湯は、40〜45度ぐらい
冷たい水は、7度ぐらいでやります。

それを、1分交代で合計15分
時間があるときにやります。

膝が痛い、腰が痛いなどあるときは、
その患部を狙ってやるとよいそうです。

特にない場合は、
頭から「ジャー!」っと水を浴びる感じです。

と書いていますが、
今日が初めてやりました。

感想は、思ったより気持ちいいですね!

冷たい水の場合初めてで、7度の水は厳しかったので、
お湯を入れながら、水を浴びました。

冷たいけど、なんとか浴びていられるかなという感じです。

本当は防水のタイマーがあるといいんですが、
ないので、頭で「いーち、にーい、さーん」と数えながら、
浴びていました。

1分経ったら、今度はお湯です。
これは40度で浴びました。

終わったら、また冷たい水を浴びてを繰り返し
今日は5分やってみました。

5分だけですが、すごい体がポカポカしていますし、
なんだか気持ち良く眠たい感じです。

冷たい水で締めたのですが、
お風呂を出ても、寒いという感じもなく、
むしろスッキリして気持ちがいいです。

これは、続けてできそうです。

竹原 貴志

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA