食事制限だけでは、リバウンドしてしまう理由

竹原です、

あなたは、最近こういうことはありませんか?

少し体を動かしただけで息切れしたり、
体が重くなったりしていませんか?

それは、

『酸素』が足りていないからです。

『酸欠』と聞くと、
山の上で、酸素が薄いから、
頭が痛くなるという、

高山病のようなイメージをもたれるかも
しれませんね。

高い山の上で、
酸素が十分に足りていない状況では、
あなたのパフォーマンスを存分に発揮することは、
不可能に近いでしょう。

しかし、
山の上に行っていなくても、
あなたは、十分に酸素が足りていないのです。

なぜなら、
あなたの肺が弱っているからです。

肺が弱り、息を十分に吸うことが
出来なくなっていたり、
姿勢も悪いので、

酸素を十分に取り込めないのです。

こういう話を良く聞きませんか?

『10年前には、履けたスマートなジーンズが
今は、履けなくなっている』

つまり、太ってしまった状態です。

なぜ太るのか?というと、
脂肪を燃焼する代謝が、落ちてしまったからです。

この脂肪を燃焼するときに使われるのが、

『酸素』なのです。

キャンプファイヤーとかを
イメージしてもらうとわかりやすいですが、

あれは、酸素がたくさんあるから、
燃え盛っているわけですね。

酸素がなければ、
不完全燃焼で、燃えてくれないんです。

だから、
健康的に体重を落としたいのなら、

適度に運動をして、
肺の力を鍛えて、酸素をいっぱい取り込まないと
いけないのです。

食事制限だけで、
頑張って体重を落としても、
リバウンドしてしまうのは、

ただ、摂取エネルギーを落としただけで、
脂肪を燃焼する代謝は、
上がっていないからです(むしろ落ちます)

パフォーマンスを存分に発揮する際にも
同じです。

脳に十分な酸素がなければ、
頭の回転が悪くなって、
決断も鈍ったり、頭がボーッとして、
作業に集中することが出来ません。

だから、
『酸素』が大事なのです。

では、どうすれば、
肺の力を鍛え、酸素を十分に取り込むことが
できるようになるでしょうか?

まずは、簡単なところから始めるのが
いいと思います。

・1日にウォーキングを15分続ける
(運動を始めて15分以上で脂肪の燃焼が始まると
言われています)

慣れてきたら、距離を増やすように
徐々にやってみてください。

1日出来なかったという日もあると
思いますが、

「次の日はやろう」

というふうにして、
できる限り、続けるようにしてください。

続けなければ、
結果は変わらないままですよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

竹原 貴志

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA