パフォーマンスを下げる水

竹原です、

ついに、MacBook Air
が届きました。

早速このメールも
それで書いています。

使いやすさが、
半端ないです。

美しいフォルム、
一瞬でアップルの
虜になりそうです。

では、本題に行きましょう!

今日は「水」について
お話ししていきます。

まず、私たちの
人間の体の60%は
「水」で出来ています。

ということは、
飲み水によって、
どう体を構成してくれるのかが、
変わってくるということです。

たとえば、
水をエンジンオイルに
例えてみましょう。

車を運転される方は
こういう経験が、
あるかと思います。

古いエンジンオイルは、
まっ黒で、ネバネバしています。
そのまま使ってしまうと、
エンジンの故障の原因になったりします。

エンジンのかかりも
悪くて、アクセルを踏んでも
加速が遅いです。

でも、新しいエンジンオイルは、
さらさらしていて、煤もなく、キレイです。
また、エンジン内の動きを潤滑に
してくれます。

エンジンのかかりも良くなり、
アクセルを踏むと、
加速がスムースです。

つまり、
人間の体も同じで、

水道水(古いエンジンオイル)
だと、体(エンジン)の故障に繋がるが、
天然水(新しいエンジンオイル)は、
体を元気にしてくれます。

やっぱり、
ネバネバのエンジンオイルは
使いたくないですよね。

なぜ、水道水はいけないのか?

日本の水道水は、
世界の国々と比べても、
極端に

「塩素」の注入量が多い国なんです。

それには、
殺菌を目的としているため、
塩素が多くなっているんです。

この「塩素」が体に悪い影響を、
与えてしまいます。

なぜ塩素が体に悪いのかというと、

腸内細菌を減少させてしまうからです。

ご存知の方もいらっしゃると
思いますが、

腸は、私たちの体の免疫の7割を
司ってくれています。
腸内細菌が、活発に
働いてくれているからです。

免疫とは、
風邪から身を守る「感染の予防」や
「健康の維持」「老化・病気の予防」
も含まれます。

ということはつまり、
塩素が体内に入ると、
腸内細菌が減少し、
免疫が落ちてしまうということです。

免疫が落ちると、
風邪をひきやすくなったり、
最悪ガンになってしまいます。

それは、ハイパフォーマーにとって
致命的です。

では、どういう水をとれば
いいのでしょうか?

ここまで長くなってしまったので、
続きは明日お伝えします!

楽しみにしてください。

ありがとうございました!!
竹原 貴志

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA