パフォーマンスを上げる睡眠時間とは?

竹原です、

今日は朝から
本当に暖かかったですね。

冬の冷たさがなく、
むしろ少し汗ばむぐらいでした。

明日からは
また冷え込むそうです。

カゼをひかないように、
しっかりと着込んで備えてくださいね。

ちなみにカゼをひいて
熱が出た時に、食欲がなくなるのは、

体の回復にエネルギーを使うため、
消化にエネルギーを回さないように
したいという体のサインだそうです。

栄養を摂らなきゃと言って、
無理に食べようとするのは、

体に負担をかけてしまいます。

そういう場合は、水分だけ多めにとって、
たっぷりと睡眠をとりましょう。

では、本題にいきましょう!

今日のテーマは、
『睡眠時間を確保せよ!』です。

昨日は、『睡眠』をとる重要性に
ついてお話ししてきました。

では、具体的にどうやって
とるのかをお話ししていきます。

まずは、
あなたに合った

理想の睡眠時間を知ることです。

ビジネスパーソンの
理想の睡眠時間は

7~9時間と言われています。

私の場合は、

だいたい6~7時間です。

目覚ましをかけていなくても

だいたい同じような時間に
起きています。

自分の理想の睡眠時間を
知るためには、

スマホなどのアプリを
使っても良いと思います。

わかった後は

その睡眠時間を先に確保することです。

たとえば、
会社勤めの方なら
理想の睡眠時間が7時間で、
朝の6時には起きなくちゃいけない場合は

必ず夜の11時には就寝するようにする。

そして、残りの17時間を有意義に使え、
パフォーマンスを高く過ごせるように、

スケジュールを立てるようにするんです。

そうすれば、無駄の時間をなくすことができるし、

集中して作業ができます。

まとめると、
ステップ1
理想の睡眠時間を知る

ステップ2
睡眠時間を先に確保する

ステップ3
残りの時間で、集中して作業する

少し前までは、短時間睡眠が
流行っていましたが、

ハイパフォーマーにとって、
短時間睡眠は、致命的です。

たっぷりと睡眠をとって
ハイパフォーマンスを十分に発揮
していきましょう!

ありがとうございました!!
竹原 貴志

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA