人間関係を築くことができる人の3つの特徴

人間関係を築くことが
できる人の3つの特徴

自身、人間関係を築くことに
苦手意識があるんですね。

中学校1年生の時の話なんですけど、
クラスに小学校からの友だちが

1人もいなくて、すごく寂しくて、
誰とも話せな時がありました

学校に行くのもすごく嫌で、本当に
机にうずくまって泣いていたんですね。
休み時間がすごく辛い時間だったんですよ。

誰とも話す友だちがいないので、
1人ポツンと
席に座って泣いていました。

だから、授業中っていうのが、集中
していればいいだけだったので
1番心が落ち着く時間だったんです。

授業中が唯一の
心の落ち着く時間…

何が言いたいのかっていうと、

学校は、勉強よりも人間関係が
重要だってことなんですよ。

もちろん、学校だけじゃなく、
社会に出てからも
ずっと人間関係
っていうのは、重要ですよね。

でも、学校やある1つの組織に
所属するとなった時、たとえば、


会社とかプロジェクトチーム
とかありますよね。
においては、
特に人間関係が1番大事なものなんです。

どういうことかっていうと、

最近登校拒否や中途退学をする
子供が多いと聞くんですけど、

なんで、登校拒否や中途退学
をするのかというと、

学校が嫌いだからじゃないんですね。

”登校拒否、中途退学の
本当の理由…”

じゃあ本当の理由は何かというと、

友人がいないことと
学校にすきな先生が1人もいない
ということなんですね。

想像してみてください。

誰も、友人がいなくて、
休み時間もずっと1人ぼっちで、

給食の時間やお昼ご飯の時間も
ずっと1人だったら。。。


で、学校に行っても
「誰それくん、元気?」
「大丈夫?」

と声をかけてくれる先生が
いなかったら、どうですか?

行きたくないですよね?
もう地獄でしかないですよね。

生き地獄の日々…

僕自身本当に、友だちができなかった
時期っていうのは、
ほんの少しの間
かもしれないですけど、

本当に辛かったからわかるんですね。

組織に属した時も同じですよね。
仕事を辞める原因の8割は、人間関係
だっていわれているんですね。

だから、学校も社会に出てからも
人間関係っていうのは、すごく重要な
位置を占めるということなんですね。

「じゃあ、人間関係を築くことが
うまい人の特徴ってなんですか?」

っていうと、実は3つ特徴があるんですね。

人間関係を築ける人
3つの特徴とは…?

1つ目が、自分の感情を語る能力が高い

いやなものはいやと言う

うれしいことはうれしいと言える

2つ目が、自分の考えを語る能力が高い

私はこうだと思う
私はこれは違うと思う

3つ目が、自分の事実を語る能力が高い

私、赤ちゃんが生まれたんです。

結婚しました。

つまり、自分のことを語れる人が
人間関係を築くことのうまい人の
特徴になるんですね。

簡単にいうと、

”あるがままの自分”
を許すこと

ができる人ということなんです。

しかし、自分のことがなかなか
語ることができない人が増えています。

僕自身、人に自分のことを語ること
が本来は苦手なのです。

なぜなら、自分の感情を語ることや
自分の考えや事実を語ることで


批判をされてしまう、嫌われることへの
恐れが出てしまうからです。

「そんな大げさな〜」

って思う人もいるかもしれませんが、

フェイスブックやツイッターなど、
実際に会ったことのない人とでも
繋がることができる時代になってきました。

”誰とでも”繋がれる時代
気をつけたいこと

それゆえに、心ない一言を言う人
がいることも事実なんですね。

本当はうれしいことがあったけど、
周りは、悲しんでいる、苦しんでいる

といった場合や、

私は本当はこう思っているという
考えを投稿した時に、

「あなただけ、うらやましいですね」
「こっちは大変なのよ」
「お前みたいな考えのやつ
がいるからおかしいんだ」

とか言われるんじゃないかと思って

周りの意見に合わせるように
なってしまったりとか


自分のことを語れなく
なっていってしまうんですね。

でも、

すべての万人から
認められなくていい…

嫌われても、自分の意見を
はっきりと言える人の方が

かっこいいですよね。

もちろん嫌いになる人は
出てくると思うんですけど、


「その意見わかるー!」

とか言って逆に好きになって
くれる人も出てくるんですね

そっちの方がうれしいですよね。

だから、あるがままの自分を出す
ようにしていってほしんですね。

じゃあどうすればいいのかというと、

具体的な4つの
ステップとは…?

ステップ1
映画を見るということをやってください。

ステップ2
いろんな感情を書き出す。俳優さん
かっこいいとか、女優さんきれいで
「胸がキュンキュンするなー」とか、
あとは、単純に、うれしいとか感動した
とか
書き出してみてください。

ステップ3
映画をみて思ったこと、考えを書く
恋愛ものだったら、今後の参考にして
みようと思ったこととか
勇気をもらえ
たので、告白してみようとかね。

ステップ4
フェイスブックやツイッター、
ブログに書いてみる。

そうすることで、自分の考えや感情が
整理されていきます。

自己開示する
癖をつけること

僕自身、最近はフェイスブックは
やっていませんが、
投稿する時は、

「批判的なコメントが来たらどうしよう」
「嫌われたらどうしよう」

とか思ってた時期ってあるんですけど、
別に大丈夫だなって思ったんですよ。

他の人も自分のことしか考えてないから。

たまに、嫌なことを言う
人もいるんですけど、

そういう人は、こっちから、

削除していけばいいので
1度やってみてください。

竹原貴志

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA