強制はできない、納得してもらえ

竹原です、

『北風と太陽』と
いう寓話をご存知ですか?

北風と太陽のどっちが強いのか?
を競争し、旅人の服を脱がせた方
が勝ちにしようと決めました。

北風は、激しく
吹き付けると、

旅人は、よけいに服を
しっかりとおさえつけました。

北風はもっと激しく
吹き付けると、

旅人は、さらにもう1枚
上着を着込みました。

北風は諦め、次に太陽に
番を回しました。

太陽は、暖かい光を送りました。

すると、旅人は着込んでいた
上着を脱ぎました。

太陽はさらにもっと日差しを強め、
じりじりと照りつけました。

旅人は、暑くてたまらなくて
服をすべて脱ぎ捨て、川に入って、
水浴びをしました。

という話です。

つまり、

人に何かをやってもらいたいと思う時、
強制させることはできないということです。

納得してもらってからでないと
動いてもらうことはできないのです。

しかし、ほとんどの人は、

自分の立場を利用すれば
人は動くと思っています。

上司と部下の立場なら、もちろん
部下は動くしかないと思います。

ですが、上司に対する不満は募り、
関係は悪化する一方です。

そして、上司としての立場をも悪くして
しまい、居心地が悪くなってしまうのです。

そうではなく、しっかりと説明を行い、
納得をしてもらった上で、

行動を促すことができれば、
上司としてのメンツも保ち、
信頼をも勝ち取ることができます。

つまり、しっかりと話し合う
ことが大事だということです。

話し合うというのは、一方的に話せば
いいというわけではありません。

相手が理解しているかどうかを
ちゃんと確認しなければなりません。

それで、理解し、納得し、
行動に移ることができるのです。

竹原貴志

LINE@に追加してください

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA