起業における行動力とスピード

竹原です、

今日は
『起業における行動力とスピード』
についてお話ししていきます。

今回お話しする特性が強いと
起業家として成功する可能性が高くなります。

特性が弱かったとしても、
悲観する必要はありません。

安心してください。

自分が弱いところを素直に受け入れ、
特性を伸ばすように行動すればいいのです。

なぜ行動力とスピードが必要か?

あなたがもし、
お客様の集客でチラシの内容を100パーセントにするのに
4週間かかっているとすると、
4週間に1回のテストしかできていないということです。

反対に、
チラシの内容が70パーセントだったとしても、
1週間に1度テストを繰り返していくことによって、
どのチラシが1番効果的にお客様を集客することができるかを
早く知ることができます。

4週間頭の中で練りに練って、
「よし!できた!」と言って、
チラシを出したとしても
お客様の反応がなければ、全く意味がないですよね?

チラシを作る目的は
自己満足ではなく、
お客様に来てもらうことですから、

何回もテストを繰り返し、
どのチラシが効果的に集客できたかを見た方が
断然効率的なのです。

インプットを減らし、アウトプットを増やす

インプットは必要ですが、
やりすぎはよくありません。

やりすぎてしまうと、考え込んでしまい
身動きが取れなくなってしまうからです。

それよりも、
アウトプットを増やし、行動していくことが
重要になります。

ビジネスではスピードが命です。

ジャックウェルチさんの言葉より、

「あらゆる対象から物事を学び続け、
その教訓を即座に行動に変える組織の力こそ、究極の競争優位性だ」

知識と教訓を行動に変える。

成功に不可欠なスキルです。

失敗をしたのなら、それは仕方のないことです。
あなたが悪かったのではないのです。

それは、

アプローチが悪かっただけなのです。

だから、
次はアプローチを変え、
即座に行動に移すことが重要なのです。

なので、
行動力とスピードを意識してみてください。

 

竹原 貴志

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA