行動できない理由を知れば、パフォーマンスアップにつながる

竹原です、

今日は師匠の海江田さんに
教えてもらいながら、

ブログを一新していました。

海江田さんの遊びゴコロ
満載のブログへと変貌しました。

しかし、
私に対して海江田さんは
やり方を1から10まで
教えてくれないのです。

私は悩みながらの作業となり、
かなり、時間がかかってしまい、
遅くまで付き合わせてしまいました。

ですが、

「竹さんは、やらせた方がいい」

人には、
いろいろな学習タイプがあります。

学習タイプとは、
自分に適した学習法ということです。

これを知っているかいないかでは、

『学習のスピードに大きな差がでてきます』

どんなタイプがあるかというと、

1、視覚タイプ(見て覚える)
2、聴覚タイプ(聞いて覚える)
3、行動タイプ(動いて覚える)

私の場合は、
行動に落として初めて
学習できるタイプ。

だから、
私にすべてやらせていたのです。

海江田さんから教えてもらったことは、

すべて行動して覚えています。

たとえば、
・ブログの更新の方法
・メルマガの投稿
・セールスレターの書き方
・セミナーのやり方
・facebook広告の出し方
など

実際に行動したことで、
体で覚えています。

あなたが今まで
学習し、行動できていなかったのは、

『学習タイプを間違っていたからです』

つまり、
自分の学習タイプを知ることで、
行動ができるようになるということです。

では、どうすれば
自分の学習タイプを知ることが
できるでしょうか?

それは、
次回お話しします。

楽しみにしてください!

ありがとうございました。
竹原 貴志

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA