かないそうにない夢を設定しろ!!

竹原です、

サーモスタットを聞いた
ことはありますか?

たとえば、現在の室温が
12度ぐらいだとして、

エアコンで暖房の設定温度を
25度にすると、

「ガーッ」と頑張って
室温を上げようとしてくれます。

近い温度になってくると、
送風にしたり、一旦静かになったり
すると思います。

で、また設定温度から
外れてくると、

スイッチが入って、
「ガーッ」と設定温度に
戻そうとしてくれます。

いわゆる温度の自動調節装置です。

「これと夢がどういう
関係があるんですか?」

っていうと、

実は、夢(ゴールの設定)が高いほど
かないやすいと言われています。

それは、さっきのサーモスタットを
イメージしてもらうとわかりやすいです。

現在の室温と設定温度に
差があればあるほど、

頑張って温度を
上げようとしてくれます。

しかし、室温と設定温度の差がないと
ほとんど動かないままになります。

室温が20度で、設定温度を21度
にしてもあまり動きません。

これと同じように夢やゴールも
かないそうにない設定をすると、

脳の中のサーモスタットが働いて現実に
させようとしてくれるということです。

そのためには、その達成したい夢やゴールを
コンフォートゾーンにする必要があります。

コンフォートゾーンとは、ここでは、
設定温度のプラスマイナス3度の幅
のことです。

これらはすべて脳の機能ですが、
設定温度(コンフォートゾーン)を高く
設定することで、

サーモスタットが働いて、努力しなくても
勝手に設定温度まで持って行ってくれると
いうことです。

「理屈は理解できました。
具体的にどうすればいいのですか?」

自分がすでにそれを達成している姿を
イメージしなくてはいけないのです。

たとえば、社長になりたいとすると、

「いつか社長になりたい」
「お客様に喜ばれる会社を作りたい」

というイメージではいけません。

「すでにお客さんから喜んでもらっている」
「慕ってくれている社員がたくさんいる」

という今現在”社長”であるという状態を
リアルにイメージすることです。

そうやってイメージをすることで、
現在の状態に違和感が出始めます。

そして、努力ではなく自然と夢やゴール
に向かうように行動し始めるのです。

ですから、今すぐに夢やゴールを設定し、
イメージしてみてください。

竹原貴志

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA