事前の自制は、事後の反省にまさる

竹原です、

フォーブスランキングを知っていますか?

世界の"長者番付"と
呼ばれているものですが、

毎回トップ3に君臨し続けている
ウォーレンバフェットさん
の本を読んでいます。

その中の一節に

「事前の自制は、事後の反省にまさる」

と書かれています。

すごく納得ですね。

短期的に満足を満たそうとしても
長期的に見ると、むしろマイナスでしかない
ということが結構あって、

たとえば、
飲み会に行く前は、頭の中で

「飲みすぎると次の日二日酔いになって
ゲロを吐いて、頭が痛くなって1日を無駄に
してしまうから飲みすぎないようにしよう」

とわかっているのに、

いざ飲み会に行くと、
「今が楽しいから飲んじゃえ!」
って言ってハメを外して、

「あの時少し我慢しておけばよかった」
と後悔してしまいます。

お腹が空いたら
コンビニに駆け込んで、パンを買ったり

我慢をしなくてもすぐに欲求を満たすことが
できる社会になってきているため、

それによって我慢するといった
“自制”をすることが少なくなっています。

そういったことを繰り返してしまうと、
健康を崩したり、お金が貯まらなかったりし、

10、20年後を見た時に
あなたの人生や家族の人生、
関わってくる人たちが全く違ってきます。

「ちょっとぐらいいいじゃん」
「パンぐらいで」

って思うかもしれませんが、

1度作られた習慣を断ち切ることは
容易ではないですし、

“塵も積もれば山となる”という
ことわざにもあるとおり

初めは小さなことかもしれませんが、
続けていけば、それは必ず大きなことに
変わっていきます。

それが、良いことであろうと
悪いことであろうと、どっちにも
膨らんでいきます。

いろんな誘惑が多いからこそ自分自身に
対してもよく言い聞かせないといけない
ことでもあります。

でも、今より良い未来を作りたいと
思っているなら、少しずつでも
良くないことは自制することを意識して
いくことは大事になっていきますね。

竹原 貴志

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA