ハイパフォーマーのスケジュール管理が大事な理由

竹原です、

僕は、今まで
テレビを見たり、
友人と電話をしたり、

遊んでいないにもかかわらず、

むしろ大事な作業を
しているのに、

時間がただ過ぎているような
感覚がありました。

それは、
『時間管理』をしていなかったからです。

スケジュール管理です。

大事な作業については、

「これとあれをしよう」
という風に、

頭の中だけで考えていて、
紙に書いてスケジュール管理を
していなかったから、
無駄に時間を過ごしているような
感覚に陥ってしまったのです。

その理由を二つお話しします。

理由その1
スケジュール管理をしていないから、
その時の気分で動いてしまっていた。

感情に振り回されて
時間を無駄に過ごしてしまうのです。

たとえば、
眠たい、やりたくない
気分が乗らないといった感情が出てくると
思います。

「今日は気分が乗らないから明日でいいや」

と言っていては、いつまでたっても
前に進むことができません。

しかし、
スケジュールに書いておけば、

気分が乗らなかったとしても
少しだけでもやることができるようになります。

理由その2
何時から何時までと
スケジュールに書いていないから
ダラダラと作業をしてしまっていた。

何をやっていたんだろう?
と達成感もなく、ただただ時間だけ
が過ぎていってしまうのです。

たとえば、
何時から何時までにこれをやろうと
時間を決めずに、作業を始めてしまうと、
いつまでもダラダラと作業をしてしまいます。

すると、没頭している際は、
余計に時間を忘れてしまうので、
気づいたときには、
「もうこんな時間だった」となってしまい、

他にもやるべき作業が
できないという事態に陥ります。

でも、スケジュールを決め、
何時から何時までにこれを行う
と決めておけば、
ダラダラと作業をすることがなく、
集中して行えます。

つまり、
時間管理=自己管理

なんだと思います。

感情に振り回されるというのは、
本能のまま生きているということです。

ということは、
人生にコントロールされていることになります。

逆に、
自分で決めたスケジュール通りに生きる
ということは、

自分が人生をコントロール出来ている
ということです。

自己管理ができれようになれば、
自分が人生の主導権を握れるということです。

じゃあどうすればいいか?

計画通りにやってみることです。

「そんなの簡単でしょ?」

って思うかもしれませんが、

予期せぬ出来事やハプニングが
起こったり、

眠くなったりとかで、

計画通りにこなすことが
どれだけ難しいかを
やってみてください。

 

竹原 貴志

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA