本やセミナーで学んだ内容を3倍上手に活用する方法

セミナー
学んだ内容3倍
上手活用する方法

 

れを聞いているあなたが、
本とかセミナーとか音声の
教材を買って勉強していたりだとか

お子さんがいて、勉強がなかなか
はかどらなくて
学習の効率が悪いなとか

思っている人がいたら、今回の
話を聞いて欲しいなと思います。

これを聞くことで、
3倍活用することができて

頭の中にちゃんと
学んだことを
定着
させることができる
ようになっていますので、

ちゃんと最後まで聞いて
欲しいなと思います。

まず、頭ですね、脳みそ。

なぜ忘れていって
しまうのかというと、

いろいろ情報って溢れてしまっているので、
見ているものとか、聞いたりすることなど、

無意識に莫大な量の情報が
流れ込んできているわけです。

たとえば、あなたが、通勤時間中に
広告を見たことがあると思います。

でも、あまり、はっきりと
覚えていないのではないでしょうか?

それは、自分にとって

意識していないものであったり、
興味がない、大事ではないものだ

脳が判断しているからです。

だからこそ、何回も復習をすることで、
脳が大事だと判断した時、記憶として、
定着させることができるのです。

しかし、復習をしなかった場合
どうなってしまうのかというと、

本を読んだり、セミナーに行って
やり始めの時の記憶を100%とすると、

20分後には、もうすでに、
記憶の低下が始まってきていて

二日後には、23%程度しか
覚えていないという実験結果
が出ているのです。

これを、図で表されたのが、
エビングハウスの忘却曲線といいます。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-07-17-08-52

 

これを防ぐことができるのが、

復習です。

しかし、学校教育で、
「宿題とか復讐してこい!」

ってイヤイヤやらされたこと
によって、復習をすることが

なかなか嫌になっているかと思います。

なので、復習をすることなく、
簡単に、頭の中に記憶を定着
させる方法をお伝えします。

それは、

誰かに教えるということです。

誰かに教えることで、
自分の中で整理がされ、
それを相手に伝えるには、
意外と大変な作業なのです。

だから、まず最初に
本を読む前、セミナーに行く前に

誰かに教えるんだという
前提を持って、本を読む。
セミナーに行く。

という意識を持って欲しいのです。

そうすることで、

知識や記憶の定着のスピードが
全く変わってきます。

以前高校の先生に
言われたことがあります。

「相手に教えるためには、相手
の3倍以上の知識が必要なんだよ」

と言われたのを思い出しました。

本当にその通りだなと思います。

あなたも是非やってみてください。

ありがとうございました。

竹原貴志

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA