牛乳で骨は、もろくなる!!


”牛乳”は、
もろくなる!!


竹原です、

を強くする必要があります。

僕たちにある筋肉を支え
体全体を支え、形作るもの

それが骨だからです。

つまり、骨が弱いと、
バランスが悪くなるのです。

体の姿勢、
筋肉のつき方
歯並び
歩き方
など、

骨が弱いと、
不都合がありすぎるのです。

体の姿勢が悪いと、

疲れやすく、集中が続かなかったり、


だらしがない・・
思われます。


たとえば、猫背に関しても

だらしなく見えるし、
自信がないように相手には
映ってしまいます。

そして、あなたの意識してるいないに
関わらず背中が丸まった状態が続くと、

気持ちも落ち込んでいって
うつっぽくなってしまいます。

そうならないためにも

日頃から骨を強くし、姿勢を正し、
筋肉をつけ、
バランスのよい生活
を心がけるのがいいのです。

で、

今回は、骨について書きます。

・骨がどういうふうにできているのか?
・骨の成分について
・骨を強くするエクササイズなど

を書いていきたいと思います。

まず、骨がどういうふう
にできているのか?
というと、

破骨細胞と骨芽細胞
よって骨は作られていきます。

「どういうことですか?」
「よくわかりません」

と思いますので、

簡単にいうと、


古い骨壊す細胞と、
しい新鮮作る細胞


2つの細胞があると思ってください。

この2つの古い骨を壊す細胞と
新しい骨を作る細胞の

バランスが崩れた状態が
骨粗鬆症と呼ばれる病気なのです。

なので、この2つのバランスをとる
ということが非常に大切です。

で、

骨は、どういった成分から
できているのか?
というと、

カルシウムがほとんど
だと言われています。

が、

実際は、たくさんの
ミネラルやビタミン
の働きによって
骨は
作られているので、

カルシウムをたくさんとれば
いいというわけではないので、

注意してください。

そこで、1つ問題になっているのが、


牛乳弱くなる


とも言われています。

「牛乳はカルシウムがたくさん
入っているのでいいんじゃないですか?」

「小さい頃から大きくなりたかったら、
牛乳を飲みなさいって言われました」

とかあると思いますが、

牛乳を飲むと、

逆に骨粗鬆症を悪化させて
しまうとも言われています。

他のサイトを見ると、

「牛乳はいいよ」
「体に必要な栄養がいっぱい入っているよ」

というような内容が書かれていますので、

どちらを信じるかは、
あなた次第ですが、

僕は、牛乳を飲まなくなりました。

なぜかというと、

牛乳には確かに、カルシウムは
たくさん含まれています。

が、

リン酸も多く含まれています。

それが、体に良くないとされています。

リン酸が体内に入ると、

体の血液が、


酸性傾きます。


ここでは、酸性についての話は省きますが、

血液は、もともと弱アルカリ性で、酸性に
傾いてしまうと、それを元に戻そうとし、

体の中にあるミネラル分を大量に使います。

そのミネラルには、

カルシウムやマグネシウムなど
他にもたくさん
含んでいます。

で、体内で1番カルシウムを蓄えて
いるところはどこだと思いますか?

そう、です。

なので、骨からカルシウムを出してきて
血液を弱アルカリ性に戻そうとするのです。

だから、牛乳を飲むとカルシウムが減り、

骨粗鬆症を悪化させてしまう
と言われている理由です。

かといって、カルシウムは、体に大事な
ミネラルなので、とらないわけにいきません。

そこで、

牛乳の代わりに野菜で摂取するなら、

代表的なものに、

ブロッコリーやゴマがあります。

で、

他に骨を強くするエクササイズがあります。


運動です


「またか」

という人もいるかもしれませんが、

運動のメリットは数えられ
ないほど存在するのです。

で、なぜ運動が骨を
強くするのかというと、

運動をすることで
骨に刺激を与えることになります。

骨にかかる力が大きいほど、
骨が強くなると言われていますので、

重量挙げなどは、骨を強くします。

ですが、

なかなか最初から
できないと思いますので、

最初のうちは

散歩をしたり、水泳をする。
そして、筋トレをするなどして、

負荷を徐々に与えるようにしてください。

「でも、筋トレとかできないですよ」
「もっと効果の高い方法はないんですか?」

そう、実は存在しました。

そして、体への負担が少なく最も効率
良く骨を強くする方法があります。


それは、、、


実は、トランポリンなのです。

トランポリンは、

無重力と重力の力が交互にかかり、
骨にすごい負荷がかかっています。

しかし、バネによって
力が分散されるので、

膝などにほとんど負担がなく、
効率良く骨を強化することができます。

ぜひやってみてください。

竹原貴志

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA