学習したことを早くビジネスに活かす方法

竹原です、

僕たちは、常に勉強し、学習していくことが必須です。

もし、勉強し、学習しなければ、
世界が変わるスピードについていけなくなり、
世界や時代に取り残されてしまうからです。

ライバルに出し抜かれ、気付いたときには
手遅れとなってしまいます。

そうならないためにも、
勉強して、学習を常にしていかなければいけません。

かといって、
「数学や理科とか、勉強すればいいんですか?」

っていうと、それは違います。

ここは大事なポイントですが、

学習の目的は、
あなたのビジネスにとって役立つ
情報を手に入れ、ビジネスに活かせるようにすることです。

だから、
ただ単に、勉強して、
「ためになったなー」
「本全部読めたー!」
と満足していてはいけないのです。

それを、ビジネスに活かして初めて
学習したと呼べるのです。

しかし、
現代人には時間がありません。

だから、
効果的に効率良く学習し、
一度の勉強で、行動に移し、
ビジネスに活かすことができれば、
時短にもなりますよね。

では、どうすれば
より効果的に効率良く学習できるのか?

それは、勉強する前に、

「なぜ?」と自問することです。

たとえば、
「なぜ私はこの本を読むのか?」
「この本を読んで私はどうなりたいのか?」

→私はこれを読むことで、
最新のセールス方法を学び、
実際にビジネスで使ってみたいから。

というような答えが自分でできると思います。

そうすれば、
自分の探していたものを見つけたときに、
理解がしやすくなります。

そして、行動に移せるようになるのです。

最後の行動に移して初めて、
本で学んだことが活かせるのです。
最初から、すべてうまくいかないでしょうが、
行動しなければ、意味がないのです。

「ためになったなー」
で終わるのなら、
最初から読まない方がマシです。

セミナーでも同じです。

「なぜこのセミナーに参加したのか?」
「このセミナーでどうなりたいのか?」

→このセミナーで人生を変えるきっかけにしたいと思ったから。
このセミナーで得た、集客の情報をビジネスに活かしたいから。

『目的』を持って欲しいのです。

ほとんどの人は、目的を持たなすぎです。

どうしてこのセミナーに参加したんですか?
と聞かれたら、

「誘われたから」
「面白そうだから」

と答えていませんか?

これでは、受け身すぎます。

受け身のままでセミナーに参加した時に、
何かを得たことがありますか?

おそらくないと思います。
あっても覚えてないのではないでしょうか?

そうではなく、

「自分はこのセミナーで、◯◯を得たい」
「◯◯を解決するために来ました」

と明確な目的を持ち、
能動的に参加することで、
理解が深まり、行動につながっていきます。

何度も言いますが、

『目的』を持って、学習することが大事です。

まとめると、

1、学習を意識して行う
2、目的を明確にしてから学習を行う
「なぜこの本を読むのか?」など
3、実際に行動に移してみる

本を読んだり、セミナーに参加していると、
ビジネスに活かせることが見つかると
思いますが、

「全部読まないといけないでしょうか?」
「セミナーを途中で抜けてはいけないでしょうか?」

というと、
読まなくていいし、途中で抜けて
すぐに行動に移してもいいと思います。

なぜなら、
本を読むこと、セミナーに参加することが
あなたの目的ではなく、
ビジネスに活かせるようにすることだからです。

竹原 貴志

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA