優先すべきことを先にやる

竹原です、

僕たち現代人は、
集中する必要があります。

やらなければならないことが多すぎるため、
あれもこれもと手を出しすぎています。

そして、
時間が足りないため、
時間管理や仕事術を学び、

いかに効率良く作業をすることが
できるかどうかが鍵になっています。

しかし、
やらなくてはいけないことだけで
1日が終わってしまい、

本当に大事な優先しなくてはいけないことが
できていないことがあります。

最優先事項を最初にやる

何が1番大事で
何が2番目に大事で
何が3番目に大事なのか

を見極めないといけません。

僕たちは、簡単なものから
やってしまいがちだったり、

好きなものからやってしまいます。

しかし、それではだめで、
最優先事項からやらなければいけないんです。

なぜなら、
本当に大事なことを最初にやらなければ、
物事が進まないからです。

優先とは、
他を差し置いて、先にするということ。

部屋の掃除をする前に、一人や二人電話をかけるとか
テレビを見る前に、レポートを書き上げるなど

先にしなければ、

結局やらずに終わってしまうことがあるからです。

「時間が遅くなったから」
「今日は疲れたから」

意志の力を大事にしなければなりません。

そのために大事なスキルがあります。

それは、
「ノー」というスキルです。

僕たちには、必ず邪魔が入ってきます。

友人からの電話、
テレビ、LINE
インターネットなど

月に何回とかいうレベルなら
許されるかもしれませんが、

毎日電話がかかってきていて、
作業が進まないのなら、

それに対して、
「ノー」とはっきりと言い、
優先事項に取り組むべきなのです。

「今やっていることは本当に大事か?」

を意識してみることです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

竹原 貴志

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA