ダイナミックに生きる

竹原です、

あなたは、ドラゴンクエストという
ゲームをやったことがありますか?

レベル1から始まって、
敵と遭遇して、バトルに勝てば、

経験値が溜まり、

ある一定値を越えると、
レベルアップしていきます。

初めのうちは、
パパスの助けが必要だった主人公も、
父親を越える強さとなり、
世界を救うようになっていきます。

この強さには、

攻撃力と防御力があります。

倒されないようにするためには、
まもりのたねとか、防具を買い、
守備を固めなければなりません。

しかし、
防御力を上げて、
倒されるリスクを抑えたとしても、
攻撃力が低いと、

敵に与えるダメージが低いので、
敵を倒すのに必要なターン数が多くなって、
反対に倒される可能性もあります。

かといって、
攻撃力だけを上げればいいのか?

といえば、そうではなく、
防御力も当然必要な要素となります。

なぜなら、
防御力が高ければそれだけ
受けるダメージが低いからです。

つまり、
バランスが大事ということですね。

倒されるリスクだけを考えてもいけないし、
敵を倒すことだけを考えてもいけない。

攻めと守りのバランスが大事だと思うのです。

これは、あなたが
何かの行動をするときと同じで、

失敗やミスをすることを恐れ、
慎重に慎重を重ねて、
準備と計画を行い、
なかなか行動に移せない時と似ています。

それは、大事なことです。

準備と計画がなく、
むやみやたらに
興味のあるものに手を付け、
行動してしまうのは、

ただのギャンブルに近いからです。

しかし、
準備と計画のし過ぎは
良くない。

なぜなら、
行動して、初めて気付くこともあるからです。

失敗しない=成功 ではない

失敗しないというのは、
あくまでも

マイナスからゼロまでを
補うものと捉えています。

リスクを減らしたり、
ミスを極力抑えるために
準備や計画をしたりすることです。

でも、
失敗しないための戦略は、
成功するための戦略には、
なりません。

プラスに働かせたいなら、
プラスの戦略が必要になってきます。

つまり、

攻めと守りのバランスが
重要なんです。

痛みを伴いたくないから
行動できないのだと思いますが、

失敗したことがない人なんか
この世に存在するんでしょうか?

いないと思います。

むしろ、失敗したことがない人が
いるなら、すごいと思いますが
僕は、好きになれないと思います。

なぜなら、
人の痛みを本当の意味で理解できる
はずがないからです。

失敗を経験し、
痛みを知ることができるからこそ
人間的であると思います。

ケガをしたことがなく、
ぬくぬくと育ったような人より、

大ケガをしたり、
痛いことはたくさん経験したような人の方が
人間味があると思います。

では、その差はなんでしょうか?

それは、チャレンジすることだと思います。

僕たちは、いずれは必ず

死にます。

毎日小さななことにでも感謝して、幸せな生活を送っていようが、
些細なことで不満を漏らす、不幸な生活で一生を終えようが、

ダイナミックに生き、充実した毎日を過ごしていようが、
ごく平凡な代わり映えのない、退屈した人生を生きていようが、

必ず死ぬんです。

だったら、
自分が死ぬ前に、
「最高の人生だった」と言って、
大好きな家族に看取られながら死にたいと思います。

失敗は、
肉体的、感情的、精神的に
参った、降参状態となった時に

本当の失敗なんだと思います。

諦めていなければ、
絶対に大丈夫です。

僕も、最初は行動できなかった時期もあります。

しかし、
行動したことで、

新しい人間関係を築けたり、
新しい発見や経験を積むことができました。

その時の決断は間違っていませんでした。

だから、あなたも
ダイナミックに生きていきましょう。

居心地が悪いことに
チャレンジすることです。

それが、
あなたの可能性を広げることになるのです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

竹原 貴志

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA