行動力を下げている脳の秘密

竹原です、

今日は、海江田さんの
セミナーをお手伝いさせていただきました。

初めての経験で、緊張しましたが
楽しかったです。

場を温めるはずが、
冷ましてしまいました。

反省点多々です・・・

ただチャレンジすることが
面白くなってきました!

では、本題に行きましょう!

今日のテーマは、
「3つの脳」についてです。

前回、あなたの成功の妨げになるのは

『本能』であるとお伝えしました。

「竹原さん、本能が成功の妨げ
になっている理由を早く教えてください!」

安心してください。

今から説明していきます。

人間には『3つの脳』があります。

・『爬虫類脳』
・『哺乳類脳』
・『ヒト脳』

この3つがあり、
それぞれ役割が違っています。

まず、
『爬虫類脳』について
お話ししていきます。

『爬虫類脳』は、一番古い脳で、
本能を司っています。

そもそも本能とは、
・食べたい
・寝たい
・子孫を残したい
など

これは「安心安全でいたい」という
欲求です。

次に進化してできた脳が
『哺乳類脳』です。

これは、
感情を司っています。

・うれしい、たのしい、だいすき
・かなしい、つらい、いやだ

という

『快を得たい』
『不快を避けたい』
という感情です。

最後に進化してできた脳が
『ヒト脳』です。

これは、思考を司る脳で、

・考える
・理性
・自己実現

論理的に考える脳です。

つまりまとめると
・『爬虫類脳』は、本能を司る
・『哺乳類脳』は、感情を司る
・『ヒト脳』は、思考を司る

「竹原さん、3つの脳については解りました。
それが、どう成功と関係しているんですか?」

そうですね。

ここで、重要なのが

本能を司る『爬虫類脳』です。

本能として、生命を守るために
「安心、安全でいたい」という
欲求があります。

「安心、安全でいたい」ということは

裏をかえすと

そのままでいたいということです。

つまり、

『変化』を恐れるということです。

これが最大の成功の妨げになっているものです。

ここで少し脳の歴史について
お話ししなければなりません。

『爬虫類脳』は太古の昔にできたものです。

男はマンモスを「おりゃー!」
と言って狩りに行ったり、

女はご飯を作るために
木の実を集めに行ったりしていた

時代のことです。

この時代にあなたが変なことをしたら

「こっちに、木の実がありそうだ」
と言って、

森に迷い込んで、
毒蛇に咬まれて死んでしまうかも
しれません。

または、単独で行動したために
マンモスに踏み潰されて
死んでしまうかもしれません。

つまり、

変化=死

を意味していました。

だから、人は変化することを
極端に恐れるのです。

『環境』を変えることが
一番怖いのです。

成功するためには、
何かを変える必要があります。

アインシュタインの言葉で
「我々の直面する重要な問題は、
その問題をつくったときと同じ思考
のレベルで解決することはできない」
というものがあります。

今までの思考や行動が、今ある問題を作ったから、
思考が行動を変えなければ、その問題を
解決することはできないということです。

つまり、
変化しなければならないということです。

ただ変化しようとすると
怖い、安全でいたいから
変化できない。

だから、
あなたの成功の妨げになっているものは、

『本能』であると言えるのです。

「竹原さん、成功するには変化が必要だが、
変わろうとすると、怖い、安全でいたいという
欲求の本能が、変化を妨げるということは
解りました。でも、変わりたいんです!!
どうすれば変われますか?」

OKです。

どうすればいいかは

残りの2つの脳に鍵があります。

『哺乳類脳』と『ヒト脳』です。

この2つをどううまく使えるかに
かかっています。

今日は長くなってしまったので
明日お伝えしていきます。

楽しみにしてください!

ありがとうございました!!

ハイパフォーマンスコーチ
竹原 貴志

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA